横浜高校野球部出身のピッチャーとは?2020年ドラフト候補も紹介!

ドラフト

数多くのプロ野球選手を輩出してきた横浜高校。
2020年はコロナの影響もあり、選抜高校野球と夏の甲子園が中止となってしまいました。
全国の舞台で活躍する可能性のあったドラフト候補の投手が横浜高校にもいます。

ここでは横浜高校のピッチャーにスポットを当てて、詳しく解説します!

2020年ドラフト候補 松本隆之介

2020年のドラフト指名が確実視される投手が今年も横浜高校にいます。
その投手は大型左腕の松本隆之介投手。

身長188センチ、84キロと立派な体格をした左ピッチャーです。
角度のあるストレートと切れのあるスライダー、そして落ちるボールのフォークを持っています。

2019年のセンバツ甲子園も2年生ながら登板経験があります。

【ドラフト2020】松本 隆之介(横浜)《全投球ダイジェスト》【第91回選抜】

この時はまだ線も細く、ストレートも130キロ台後半が多い投手でしたが、ひと冬越えて、体もたくましくなり、ストレートのスピードも上がっています。

2020年夏の神奈川大会では140キロ台中盤を常時マーク。
着実に力をつけています。

ただし、先発完投した試合はなく、まだまだ発展途上の投手というスカウトの見方が大半です。

ヤクルト小川GM「スピードがあって将来性がある左腕」

西武渡辺GM「手足が長く将来性がある」

このように即戦力ではなく、数年かけて育成し、将来的には先発ローテーションとして頑張ってもらいたいと考える球団が多い状況です。

まだまだ制球にばらつきがあり、課題は残りますが、ドラフト中位程度での指名が予想されます。

昨年阪神に3位指名を受けた及川投手よりも体ができてくれば力的には上、と評価するスカウトもおり、潜在能力の高さでは非常に大きなものを持った選手です。

横浜高校出身の投手はプロでも活躍!

横浜高校といえば投打ともに数多くのプロ野球選手を輩出している高校です。
投手に限ってみてもかなり活躍した投手が多く輩出されています。

松坂大輔

その代表格といえば松坂大輔投手。
西武ライオンズに入団後、いきなり最多勝をマークし、衝撃のデビューを飾りました。
特にデビュー戦となった日ハム戦での片岡選手を空振り三振に取った155キロのストレートは、今でも語りぐさになっています。

1999 松坂大輔 5 衝撃の155kmデビュー 全投球  プロ初登板

その後もメジャーリーグでも18勝をマークするなど大舞台で活躍した投手です。
2020年からは古巣の西武ライオンズに戻り、怪物復活が待ち望まれます。

涌井秀章

西武にドラフト1位で入団後、活躍を続け、その後、千葉ロッテ、楽天イーグルスと移籍を経て、今年は復活を遂げる活躍を見せています。

【開幕8連勝】涌井秀章の『色気すら感じるストレート』

今年最多賞に輝けば、3チームでの最多勝獲得となり、史上初の快挙となります。

ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークと様々なボールを使い分け、どのボールでもストライクが取れ、勝負球にもでき、安定した投球を続けています。

成瀬善久

独特の投球フォームでロッテで長年にわたり2桁勝利をマークしたサウスポー。
特に2007年は圧巻の活躍で、16勝1敗、勝率9割4分1厘という驚異的な数字をマーク。

その後も2桁勝利の防御率2点台後半から3点台前半をマークし、安定した活躍を見せました。

成瀬善久が示す、必要なのは球速ではなく、攻める気持ち

決して球は速くありませんでしたが、出所の見えにくい投球モーションから打者のタイミングを外し、横浜高校を代表する投手となりました。

今後活躍が期待される横浜高校出身の投手

まだプロでは実績がありませんが、今後活躍が期待される横浜高校出身の投手を紹介しましょう。

藤平尚真

楽天イーグルスにドラフト1位で入団した21歳の若手投手。

バットはボールの下を… E藤平 浮き上がるようなストレート《THE FEATURE PLAYER》

まだ1軍では思うような成績が残せていませんが、2019年ファームでは9勝2敗で最多勝を獲得。
防御率も2.91という安定した成績で今後の飛躍が期待される投手です。

及川雅貴

高校1年から横浜高校で活躍したサウスポー。
阪神には2019年ドラフト3位で入団しました。

まだまだ土台づくり、フォームづくりを行っている段階で、今年中の1軍での活躍はちょっと難しいかもしれませんが、将来性豊かなサウスポーです。

阪神ドラ3_及川雅貴_20200625(全投球ダイジェスト)

制球難も克服しつつあり、ファームでの四球は非常に少ないです。
(2020年8月26日時点で14回を投げ、わずか2つ)

今後の活躍が期待される投手です。

まとめ

以上、横浜高校出身のプロ野球選手、およびドラフト候補を紹介しました。
毎年のように注目選手が在籍している横浜高校。
今後も、どういった投手が生まれるのか非常に楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました