2020年大学野球のドラフト候補ピッチャーを紹介!

ドラフト

ここでは2020年ドラフト候補となる大学野球のピッチャーを紹介します。
まだプロの志望届を提出してない選手もいますが、ドラフト指名が確実な選手を中心にピックアップしました!

早川隆久

ここにきて評価急上昇中なのが早稲田のサウスポー早川投手。

2020ドラフト候補 早川隆久(早稲田大学)

木更津総合時代もエースとして甲子園で活躍し、Uー18代表にも選出された経験があります。
早稲田大でも1年から登板し、3年になってから日本代表に選ばれるまでに成長。
そしてドラフト元年となった今年は155キロをマーク。ドラフト1位間違いなしの存在になってきました。

変化球の精度がやや課題ですが、常時150キロを上回るストレートを、左腕で投げられるというだけでも十分に魅力ですね。

伊藤大海

北海道出身の投手で高校時代にはセンバツ出場経験もある投手。
大学に入っても順調に力をつけている本格派の右腕です。

2020年ドラフト候補 伊藤大海(苫小牧駒大)

最速155キロを計測することもあるストレートは、ノビもあり、ストレートだけでも押し込めるような球質を誇ります。

そして縦スラは変化球の中でも空振りを取れるボールで切れ味抜群。
さらにチェンジアップやフォークも習得し、三振の取れる投手です。
プロに入ったら先発だけでなく、抑えとして活躍が期待できる投手です。

入江大生

高校時代には作新学院で全国優勝を成し遂げた時の主力選手。
当時は現在西武で活躍している今井投手にエースの座を譲りましたが、打者として3試合連続ホームランを放つなど、高い潜在能力が注目されてきました。

2020年ドラフト候補 入江 大生(明治大)

大学に入ってからは投手に専念し、現在は最速152キロまでスピードがアップ。
もともとカットボール、カーブ、チェンジアップなどの変化球にキレがあり、投球の幅がある投手です。
体も大きく、さらなる成長が期待でき、ドラフト上位での指名が予想されます。

中川颯

大学時代は野手としても注目されていた選手で、大学に入ってからその長身を生かしたサブマリン投法で開花。

2020年ドラフト候補 中川 颯(立大)

身長184センチと長身でありながらも地面すれすれのところから投球し、リーチの長さが特徴のアンダーハンドです。
直球は130キロ前後ですが、スライダー、シンカー、カーブを交えた投球術も抜群。
特にスライダーは切れ味が鋭く、右打者の外角に決まる球は一級品です。

大道温貴

名門春日部共栄高校で活躍した投手が大学に入ってさらに成長。
大学日本代表にも選出されるなど、ドラフト上位での指名が予想されます。

大道温貴(八戸学院大)ピッチング

最速は150キロで、スライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップを操った投球術が持ち味の投手です。
球速は常時145キロ程度ですが、バランスのとれた投手で大崩しないのが特徴です。

宇田川優希

高校時代は無名の投手でありながらも、仙台大に進学してから大きく伸びた大型右腕です。

【ドラフト2020候補】宇田川優希(仙台大)の投球

最速は152キロを誇りフォーク、チェンジアップ、カーブを操ります。
若干制球を乱すケースもありますが、球の出どころが見にくく、打ちにくさがあり、奪三振率も非常に高いです。

プロに入ったら先発、又はリリーフどちらでも起用される可能性があります。
投手に悩むチームからの指名がありそうです。

森博人

ここ数シーズン、多くのプロ野球選手を輩出している日体大から今年もドラフト候補が誕生しています。

【ドラフト1位候補】2020年ドラフト候補 森 博人(日本体育大)

森投手は身長175センチと上背は無いものの、150キロを超えるストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップが持ち味の投手です。

全体的にまとまっていて、プロに入れば先発ローテーション入りの活躍が期待されます。

まとめ

以上、2020年ドラフト指名が期待される大学野球の投手を紹介しました。
今年も即戦力として活躍できそうな投手が多く揃っています。

特に目玉になりそうなのは早稲田大学の早川投手。
もともと今年として名の知れた投手でしたが、155キロをマークし、さらに人気が集まっています。

タイトルとURLをコピーしました